Dec
07
2014

私たちの肌は紫外線を浴びると、活性酸素が発生します。 活性酸素は肌の奥にあるメラノサイトを刺激して シミやそばかすの原因となります。 シミ・そばかす対策といえば、 ビタミンCを思い浮かべる方も多いでしょうが、 カロテン(カロチン)も美肌や美白には不可欠な栄養素なのです。 カロテンは主にアルファカロテンとベータカロテンの 2種類から構成されるもので、 特にベータカロテンは活性化酵素から肌を守るための 抗酸化物質スカベンチャーとして威力を発揮します。 その効果はビタミンCの約1000倍とも言われており、 「若返りのビタミン」という別名を持っているほどなのです。 つまり、ベータカロテンを多く含む食物を取り入れることで 美肌効果や紫外線対策を からだの内側から行うことができるというわけです。



Read More
Nov
20
2014

  紫外線に効果的な栄養素のひとつとして、 ビタミンB2があります。 私たちの肌は、紫外線を浴びると日焼けをしたり、 シミソバカスの原因となるメラニン色素が増えたりします。 その際に、新陳代謝をうまく行うことができれば、 シミのリスクを下げることができますし、 できてしまっても、シミを薄くしたり 消してしまうことが可能になります。 そんな効果をあらわすのがビタミンB2です。 ビタミンB2には、肌や髪の毛の細胞を再生や成長を促進したり、 新陳代謝をアップするはたらきがあるため、 紫外線でダメージを受けた肌を回復するためには 欠かせない栄養素です。 ビタミンB2を多く含んでいる食品には、 イワシやウナギ、カレイなどの魚介類、 レバー、タマゴ、乳製品などがあります。 ただし、水に溶けやすいため、 調理方法を工夫するようにしましょう。      



Read More
Nov
10
2014

  紫外線対策として、さまざまアイテムを使用して 日焼けから肌を守ることは今や常識のことです。 しかし、外部から守るだけでなく、 からだの内側から対策をとらなければならない ということはご存知でしょうか? そのヒミツはビタミンAにあります。 ビタミンAは抗酸化作用があり、皮膚や粘膜の健康を 維持するはたらきをもつ栄養素です。 紫外線を浴びると活性酸素が体内で作られるため、 肌のターンオーバーがくるってしまったり、 動脈硬化やシミ・ソバカスを作ってしまう原因となります。 これを予防するのが抗酸化作用を持つビタミンAであり、 美しく若々しい肌の維持をサポートするのです。 ビタミンAは野菜や果物など食べ物を通して摂取することが理想ですが、 最近ではビタミンAを含む化粧品も多く販売されており、 からだの外側と内側から取り入れることができるようになっています。      



Read More
Oct
24
2014

  紫外線といえば、美容・美肌にはリスク大の大敵です。 シミ・ソバカスなどの皮膚の老化現象のきっかけとなる 日焼けから身を守ろうと、多くの女性は紫外線対策のために、 日焼け止めクリームを塗って、UVカット用の化粧品を使用し、 手袋をして帽子を被り、日傘を差して… と多くのアイテムを駆使しています。 確かに、これらの対策は効果的な日焼け防止ではありますが、 からだの内側からできる 日焼け対策があるということを知っていますか? それがビタミンEです。 もともとビタミンには抗酸化作用がありますが、 特にビタミンEにおいては、その効果が大です。 ビタミンEが不足すると、シミになりやすいので要注意です。 ビタミンCと一緒に摂取することで、 日焼けしたお肌の回復効果もアップします。 アボカド、大豆、胡麻、ナッツ類などに多く含まれていますので、 毎日こまめに摂るとよいでしょう。



Read More
Oct
06
2014

  近年、紫外線を過剰に浴びると 私たち人間の健康を損ねることがあるということが判ってきました。 特に肌に関することや目に関することはよく耳にすることでしょう。 欧米においては、紫外線による皮膚がん患者が増加していますが、 日本人などの有色人種は白色人種に比べ、 紫外線の影響は少ないようです。 とはいえ、シミやそばかすの原因となることや、 急に日焼けすると水ぶくれや皮膚の炎症が起こることから、 日焼け対策を行うということは常識となっています。 また、紫外線は角膜への障害も与えます。 屋外での作業が多い人は白眼が翼の形のように 黒眼に侵入する翼状片や、加齢によって起こる皮質白内障は、 紫外線が大きく影響していると知られています。    



Read More
Sep
28
2014

  紫外線は太陽から放たれる光線のひとつで、 エネルギーが大きな光です。 紫外線は波長によってUVA(紫外線A波)、 UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の 3つに分けることができます。 UVCに関しては、地上に降り注ぐことはないため、 私たちが実際に浴びているのはUVAとUVBの2つということになります。 UVAは、シミ、そばかすなど 肌の老化の原因になることでよく知られています。 雲を通り抜けて降り注ぐため、 天気が悪い日であっても影響を受けてしまいます。 UVBは皮膚の奥まで影響をもたらす光線です。 日焼けによる炎症ややけどのような 症状になるのはこのためです。 また、この2つの光線は、 近年増加している老人性白内障の 原因とも言われています。 しかし、紫外線は体調を良くするような 効果があったり、 殺菌効果や新陳代謝の促進に 作用している私たちの健康に 欠かせない物質でもあるのです。    



Read More
Sep
16
2014

紫外線対策に効果のある栄養素の1つがビタミンCです。 紫外線を浴びると活性酸素が発生し、メラニン色素が増加しシミになります。 その活性酸素の発生を抑えるのがビタミンCなのです。 いちごやキウイフルーツ、ブロッコリーなどに多く含まれています。 しかし、レモンパックは、シミの原因になります。 レモンの皮のソラレンという物質が、紫外線を吸収してシミになります。 ビタミンCを摂り体の内側からも紫外線対策をしましょう。



Read More