Jul
06
2015

毛がややけどの傷跡はどのように修復していくのでしょうか? ご説明します。 炎症期・・・まず最初の2、3日は幹部が赤くなったり腫れたりするのが目立ちます。更に幹部が熱を持って熱くなることもあります。これを炎症といいます。傷口に雑菌などがはいり感染してしまうのを防ぐためになる防御反応なのです。この時期は幹部を冷やしたり、抗生剤を飲んだりしてとにかく安静にすることが重要です。そして新しく表皮ができてきます。 増殖期・・炎症期でできた表皮より深い部分の修復がはじまります。この時は傷口を圧迫し、固定して安静にしておくことが大切です。 成熟期・・増殖期で、傷が塞がれたあとは、傷跡が白い傷跡になります。これはだんだん薄くなりますが、目立ちにくくなるには半年から1年くらいかかります。



Read More
Jun
17
2015

傷あとは赤い傷跡、黒い傷跡、白い傷跡と3種類あるのをご存知でしたか? 赤い傷跡というのは、手術の傷跡できることが多く、1本の線のような傷が赤く盛り上がることがおおいです。 帝王切開で出産された方や胸や腹部を手術した人やBCGの赤く点々になった傷跡がそれですね。 なぜ赤く見えるかというと、切ったり刺したことで起きた炎症がずっと残っているからです。 ですのでこの症状をケロイドや、肥厚性瘢痕と呼んだりします。 黒い傷跡は傷が紫外線にあたってしまったり治るのに時間がかかってしまった時になってしまうものです。 擦り傷などは黒い傷跡になりやすいです。 また、白い傷跡は、傷が表皮だけでなく深くまで傷ついてしまった際に完全に皮膚が再生されないために白く跡が残ってしまうものです。



Read More
May
06
2015

  日焼け止めや化粧品にあるSPFやPAという表示、 値が大きいものや+が多ければ効果があるんじゃない? と思っている人、もう一度これらの意味を考えてみましょう。 まず、SPFとPAの意味は?というと、 SPFはサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、 肌を赤く炎症させたり、シミやそばかすの原因となる 紫外線B波の防止するものです。 一般的に紫外線を受け始めて赤くなるまでの時間は 平均20分だと言われています。 この時間をSPFの値分遅らせるという意味です。 つまりSPF30の場合、S PF30×20分=600分となり、 10時間分日焼けを防止するのです。 PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で、 シワやたるみの原因となる紫外線A波の防止するものです。 1~4つの+の数で効果の高さを表しますが、 肌へのダメージも大きいため、 TPOを考えて適した日焼け止め用品を使用するようにしましょう。



Read More
Apr
06
2015

  昨今、テレビや雑誌で紫外線対策を呼び掛けていますが、 具体的にどのような悪影響を与えるのでしょうか? まず、多く耳にするのが皮膚への影響です。 紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類がありますが、 UV-Aは皮膚の奥深くまで届くためシワやたるみを招きやすく、 肌の老化を早めると言われています。 一方、UV-Bは皮膚の表面に作用して 肌の炎症やシミやそばかすの原因を作るのです。 また、白めの表面である結膜に紫外線が多く当たると、 翼状片や瞼裂斑、慢性充血をもたらすことがあります。 さらに紫外線を浴びることによって 免疫細胞にはたらきかけるランゲルハンス細胞の 機能低下を招くこともあります。 紫外線対策には多くのグッズが販売されています。 これらを利用して上手に紫外線対策を行いましょう。



Read More
Feb
07
2015

  スーパーに行くと最近は、さまざまな種類の トマトを目にするようになりました。 この色鮮やかなトマトを夏に食べることで、 とてもうれしい美容効果があることを知っていますか? トマトの赤色成分であるリコピンは、シミやそばかすなどの 原因となるメラニンを抑制する効果があります。 ある調査によると、トマトを食べて紫外線を浴びた女性たちは、 食べなかった女性よりも日焼けによる肌の 赤みが少なかったという報告がされています。 また、紫外線を浴びる前と、浴びた後では 皮膚のコラーゲン合成が活性化して肌が若返ることも分かっています。 つまり、トマトには、外部からの紫外線ダメージから肌を守ると共に、 からだの内側から肌を若返らせるパワーを持っているのです。



Read More
Jan
20
2015

  夏に日光をたくさん浴びた子どもは その年の冬に風邪をひきにくい ということを耳にしたことはありませんか? これは日光を浴びることでビタミンDが 生成されることに理由があります。 しかし、近年では日光には有害な紫外線が含まれており、 美容や健康面において人体に害を与える という考え方が一般的になりました。 はたして、日光浴は必要なのでしょうか? ビタミンDが不足すると、くる病や軟骨化症の発症を招きます。 事実、乳幼児や新生児ではくる病の発生率が増加しており、 屋外で過ごす時間が減少したことが理由と指摘されています。 ビタミンD生成のために日光浴は必要ですが、 日差しが強い時間や長時間の日光浴は避け、 直射日光であれば3分ほど、 日陰であれば5分~10分ほどの日光浴を楽しむようにしましょう。



Read More
Jan
05
2015

  紫外線対策にはさまざまなグッズがありますが、 紫外線散乱剤と呼ばれる酸化亜鉛など 微粒子を使用した日焼け止めが効果があるとされています。 紫外線散乱剤とは、紫外線を反射・散乱させることによって、 肌に注がれる紫外線を防御するものであり、 日焼け止めに取り入れられています。 また、紫外線対策をしながら透明度を高く見せる効果もあり、 美肌に見せる効果と日焼け止め効果の 双方を兼ね備えているといえるでしょう。 また、酸化亜鉛は、子供のあせも治療の薬効成分としても 使用される古くから効果が認められている成分です。 最近では酸化亜鉛を使用した オリジナルの手作り日焼け止めクリームを作る人も少なくなく、 注目されている成分だといえます。



Read More
Dec
22
2014

  部活や海水浴など、若い頃の紫外線ダメージが蓄積されて、 年齢を重ねた時にシミとなって表面化してしまう 「日焼け記憶シミ」が気になっているという方、 多いのではないでしょうか? 紫外線でできてしまったシミの対策として、 美白作用のある化粧品やハイドロキノン配合の化粧品があります。 わが国の厚生労働省によって認められている美白成分は、 ビタミンC誘導体、カモミラET、トラネキサム酸、 プラセンタエキスなどの成分があります。 また、クリニック処方の外用剤の ハイドロキノンやレチノイン酸などはお肌の漂白剤 と呼ばれるほどの効果があり、 化粧品で効果を感じることができなかった場合の方法としてもお勧めです。 もちろん、レーザーや医療用パルスライトによって シミ治療を行うことも可能です。 そして、何よりも心掛けたいのが、 シミを予防することです。 諦めることなく毎日の日焼け対策を行うようにしましょう。    



Read More
Dec
07
2014

私たちの肌は紫外線を浴びると、活性酸素が発生します。 活性酸素は肌の奥にあるメラノサイトを刺激して シミやそばかすの原因となります。 シミ・そばかす対策といえば、 ビタミンCを思い浮かべる方も多いでしょうが、 カロテン(カロチン)も美肌や美白には不可欠な栄養素なのです。 カロテンは主にアルファカロテンとベータカロテンの 2種類から構成されるもので、 特にベータカロテンは活性化酵素から肌を守るための 抗酸化物質スカベンチャーとして威力を発揮します。 その効果はビタミンCの約1000倍とも言われており、 「若返りのビタミン」という別名を持っているほどなのです。 つまり、ベータカロテンを多く含む食物を取り入れることで 美肌効果や紫外線対策を からだの内側から行うことができるというわけです。



Read More
Nov
20
2014

  紫外線に効果的な栄養素のひとつとして、 ビタミンB2があります。 私たちの肌は、紫外線を浴びると日焼けをしたり、 シミソバカスの原因となるメラニン色素が増えたりします。 その際に、新陳代謝をうまく行うことができれば、 シミのリスクを下げることができますし、 できてしまっても、シミを薄くしたり 消してしまうことが可能になります。 そんな効果をあらわすのがビタミンB2です。 ビタミンB2には、肌や髪の毛の細胞を再生や成長を促進したり、 新陳代謝をアップするはたらきがあるため、 紫外線でダメージを受けた肌を回復するためには 欠かせない栄養素です。 ビタミンB2を多く含んでいる食品には、 イワシやウナギ、カレイなどの魚介類、 レバー、タマゴ、乳製品などがあります。 ただし、水に溶けやすいため、 調理方法を工夫するようにしましょう。      



Read More