傷跡修復のメカニズム

毛がややけどの傷跡はどのように修復していくのでしょうか?

ご説明します。

炎症期・・・まず最初の2、3日は幹部が赤くなったり腫れたりするのが目立ちます。更に幹部が熱を持って熱くなることもあります。これを炎症といいます。傷口に雑菌などがはいり感染してしまうのを防ぐためになる防御反応なのです。この時期は幹部を冷やしたり、抗生剤を飲んだりしてとにかく安静にすることが重要です。そして新しく表皮ができてきます。

増殖期・・炎症期でできた表皮より深い部分の修復がはじまります。この時は傷口を圧迫し、固定して安静にしておくことが大切です。

成熟期・・増殖期で、傷が塞がれたあとは、傷跡が白い傷跡になります。これはだんだん薄くなりますが、目立ちにくくなるには半年から1年くらいかかります。