紫外線がもたらす悪い影響

 

昨今、テレビや雑誌で紫外線対策を呼び掛けていますが、
具体的にどのような悪影響を与えるのでしょうか?

まず、多く耳にするのが皮膚への影響です。
紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類がありますが、
UV-Aは皮膚の奥深くまで届くためシワやたるみを招きやすく、
肌の老化を早めると言われています。

一方、UV-Bは皮膚の表面に作用して
肌の炎症やシミやそばかすの原因を作るのです。
また、白めの表面である結膜に紫外線が多く当たると、
翼状片や瞼裂斑、慢性充血をもたらすことがあります。

さらに紫外線を浴びることによって
免疫細胞にはたらきかけるランゲルハンス細胞の
機能低下を招くこともあります。

紫外線対策には多くのグッズが販売されています。
これらを利用して上手に紫外線対策を行いましょう。