紫外線でできてしまったシミ対策

 

部活や海水浴など、若い頃の紫外線ダメージが蓄積されて、
年齢を重ねた時にシミとなって表面化してしまう
「日焼け記憶シミ」が気になっているという方、
多いのではないでしょうか?

紫外線でできてしまったシミの対策として、
美白作用のある化粧品やハイドロキノン配合の化粧品があります。

わが国の厚生労働省によって認められている美白成分は、
ビタミンC誘導体、カモミラET、トラネキサム酸、
プラセンタエキスなどの成分があります。
また、クリニック処方の外用剤の
ハイドロキノンやレチノイン酸などはお肌の漂白剤
と呼ばれるほどの効果があり、
化粧品で効果を感じることができなかった場合の方法としてもお勧めです。

もちろん、レーザーや医療用パルスライトによって
シミ治療を行うことも可能です。
そして、何よりも心掛けたいのが、
シミを予防することです。
諦めることなく毎日の日焼け対策を行うようにしましょう。